OJT担当者研修

研修のネライ・目的

新入社員をしっかりと育てて戦力化するためには、指導員に任せっきりではいけません。
指導員とともに上司も一緒になり、チームとして育てていくという心構えが必要となります。
しかしながら指導員の立場の社員は往々にして上司と新人の板挟みになり、
さらには仕事の慣れからくるマンネリから仕事の意欲そのものが低下している傾向にあります。
本研修ではそんな指導員の立場やメンタリティーを理解したうえで、
いかにマンネリから打破し意欲を高く持ち続けるか、
そしてワンランク上のステージに行くために必要な部下・後輩育成を行うためには
どのようなステップを経て育てていくのかを伝えさせていただきます。
また、考え方や育成計画を作るだけではなく、
性格分析テストを基にした個人へのフィードバック、部下・後輩との相性、さらには上司との相性にフォーカスを当て、
どのような働きかけをしていけばいいのかを具体的にお伝えしていきます。

研修プログラム

STEP1:指導員としての心構え
OJT指導員となることのメリット
 ●教育効果とは?
 ●OJT指導員の経験とキャリアの関係性
新人が育ってきた背景を理解する
 ●いまどきの新人に感じることとは?
 ●少子化に至る背景とその影響を理解する
 ●ゆとり教育の本質とその影響を理解する
新人を育てるための育成計画の作り方
 ●新入社員育成計画を作るメリット
 ●新入社員の育成計画の作り方
 ●新入社員の育成はチームで行う
STEP2~3:新人指導の具体策
部下の具体的な個別指導法を知る
 ●あなたの部下の特徴をフィードバック
 ●新人を育てるための個別の部下指導術
 ●新人を育てていくための改善プランの作成
ワンランク上のコミュニケーション術を習得する
 ●コミュニケーションチェック
 ●2つの「きく」を意識する
 ●共通項の発見
自ら考え行動できる人の育成方法
 ●必ず質問する2つのコト
 ●自分で考えさせる2つのコト
 ●上司が必ず確認するコト