【平松陽一】社長・後継者のためのホンネ経営 Ⅳ-39

Ⅳ.「出退」
 

 

 

39.異性との身の処し方

後継社長を対象とするセミナーをこれまでに何度か実施してきました。
そこで後継社長にどのようなことで苦労したかの事例を出してもらうと、意外にも多いのは前社長の異性関係です。
経営活動上、本当に異性関係はマイナスなのでしょうか。
ある日社長であるご主人が亡くなり、仕方なく夫人が跡を継ぐということになりました。
この女性社長が巧みに動き、経営を安定させたのです。しばらくして再婚をし、経営は安定した領域に入っていきました。
何も先立たれたら再婚した方がよいと言っているのではありません。ただそのようなことが源泉となることもあるということです。
個人差があるのでなんとも言えないことです。私の友人の米国人社長は、4回結婚をしています。つい半年前に会った時は、3人目の夫人と離婚話が進んでいたのか寂しい老人となっていました。しかし、今回会ってみると、何と若々しいのです。彼によると、そういった心遣いが経営に活きるということです。
要は、メリハリをつけた身の処し方ができるのあれば、あまり目くじらを立てる程でもないということです。

次回:2020年2月19日 掲載予定

平松 陽一への講演依頼はこちら